ホモサピエンスの行く末

生物、地球全体を見たときにホモサピエンスが犯している最大の罪は環境破壊だろう。 重工業の発展。 石油、石炭、鉄鉱石の発掘。これらエネルギーを燃焼し二酸化炭素を発生させることで、地球温暖化をまねいている。 空気汚染や海、河川の汚染もともなう。 日本は科学技術により汚染も大分緩和されているが。

ヒトは農業を発展させ、医学を発展させ、政治を作り、人口を増やしてきた。減らしもしたろうが、確実に増えている。というか、地球の歴史から見たら、異常な増加といえる。

我々は何処へいこうとしているのか? 生物の常として自分のDNA を残そうとする。 そして家族、仲間、共同体。 自分にとって、大事な順に守ろうとし増やそうとする。そういった意味ではホモサピエンスは成功しているといえるだろう。 しかし、このままでいいのだろうか。 相変わらず、戦争の形を変えたテロは止まないし、格差貧困もなくなってはいない。核兵器化学兵器もなくならない。 ヒトは科学技術、経済の発展ばかりを優先してきたけど、良心、道徳、思いやり、そういった心の進化が追いついてないように思う。

人類に近い親戚、チンパンジーとボノボチンパンジーは明らかな男社会で、メスの発情期が短い為、オスの争いが激しく、常にヒエラルキーが存在し、階級闘争が絶えないという。殺しあいも辞さない時もあるとか。

一方ボノボはメスの偽発情期がある事により、オスが交尾をする機会が多く、チンパンジー程ギスギスしてないそうだ。 マザコン、お母さんが大好きで、お母さんのナンバーワンが実質群れのナンバーワン。 ヒエラルキーはあるが、殺し合いに発展することはなく、せいぜい餌を食べる順番ぐらい。 ボノボは数は少ないがチンパンジーとは、また別の進化をしている。

ヒトはどうだろう。 平和を愛し、歌う人は多いと思う。 しかし、一方でエゴは存在し、夫婦、親子間でも殺しもするし、民族、宗教間での争いもある。

自己顕示欲。俺を見て、私を見て、俺の話を聞いて、私の話を聞いて。 霊長類の性としてしょうがないけど。

まずいと思うのは、あまりに強大な武器を持っていること。 ヒトが争ってヒトだけが減るならまだいいが、核戦争は全ての生態系に被害を及ぼす。 どうも、核をなくすということににはいかないらしい。進化は止められない。

人間の内部の進化を加速させる。 哲学、宗教、思想、これら、自己をみつめる内面の進化が必要なのではないか。

ホモサピエンスのエゴを和らげる何かが必要。