孤独

高齢者の男性の孤独が社会問題になっているとラジオで言っている。

団塊世代が会社を引退し、趣味を持てなかったり近所付き合いが出来ないらしい。

女性はもともと、コミュニケーションが得意だが、男性は他愛もない会話が苦手だとか。

 

でも、そもそも孤独はそんなに問題なことなのだろうか。

孤独死というのもやたらと問題とされてるが、人間なんて死ぬときは一人なわけで、家族に看取られて死ねない人なんて、事故死も含めれば五万といると思う。

たとえ、一ヶ月発見されなかったとしても、当の死んだ本人にとっては、痛くも痒くもないことだし、今頃、天国か地獄か49日の旅にでてるか、宇宙の彼方にいるか、している事だろう。大家さんには迷惑が掛かるだろうが、可哀想だとか、社会問題にする事か?と思ってしまう。

人は孤独を怖がり過ぎている気がする。そりゃあ、一切の社会との繋がりを絶って発狂するのは問題だと思うが、独りで思索を練ったり空想に耽っている人に、あの人は可哀想だから、声かけしてあげようとかは、余計なお世話かと思う。寂しければ、自ら進んで何かしらのアクションを起こすばず。

騒音おばさんとか、迷惑おじさんなんかは寂しいと信号をあげている例だと思う。彼らの孤独感こそ、何とかして欲しい。本当に孤独な人は社会から嫌われてしまっているのだ。